• 永光墓園について
  • 霊園紹介
  • お墓建立の流れ
  • 情報公開
  • 財団概要
  • お問い合わせ

お墓建立の流れ

お墓建立の流れ

お墓を建てるまでには、さまざまな準備や確認が必要となります。
ご先祖さまをしっかり納骨できるよう、事前にしっかり確認してスムーズにお墓を建立できるよう、お墓建立の流れをご紹介します。

相談→準備・確認→提案・見積り→プラン決定・契約→お支払い→建墓工事→完成・お引渡し→入魂式


どのようなお墓にするか、予算・宗派・納期などはご家族でしっかり相談して決めましょう。お墓建立に関する相談やご質問はお気軽にご相談下さい。なお建立には、石材加工から完成、添えつけまで一ヶ月以上かかることもございますので、早めのご計画を心がけましょう。
次へ
準備・確認

建之者名、戒名、俗名(生前のお名前)、死亡年月日、行年(死亡時の年齢、一般的には数え年で記入)、お墓の場所、隣接墓地との境界、家紋、墓地の大体の大きさ、宗派など。
これらを確認しておくことがスムーズなお墓の建立に繋がりますのでしっかり確認をしましょう!

次へ
石材店からの提案・見積り(自由墓地のみ)

具体的な設計、デザイン、石材の選択を行います。この時に、合わせて立地条件や条例等の確認も行います。しっかり現場の下見をした上で、概略図面や作業工程を考慮し提案・見積もりを行っていきます。

次へ
プラン決定・契約

お墓の種類や文字の種類、建立日、作業工程などの建立プランを決定します。建立に必要な申請や建立の契約もこの時に交わします。

次へ
お支払い

代金のお支払いをおこないます。

次へ
建墓工事

基礎工事と石碑等の制作・文字の掘り込み・添えつけを行います。

次へ
完成・お引渡し
お墓が完成しましたら、ご連絡を致します。できあがったお墓の細目を点検し、万一不備がありましたら速やかに修理・調整の依頼をご連絡下さい。
次へ
入魂式
お墓に魂を入れることで、単なる石が墓石となる式です。
仏教では僧侶にお願いし開眼供養を行います。
これでお墓の完成です。
お墓を建てる時の疑問・質問などはお気軽に永光墓園にご相談下さい。
お客様の理想のお墓を建てるため、永光墓園はお手伝いさせてもらいます。

お問い合わせはこちら

寿陵とは

「寿陵」は「じゅりょう」と読み、生きているうちに建てるお墓のことをいいます。生前墓ともいい、さらに、「寿墓(じゅぼ)」「寿塚(じゅつか)」、「逆修(ぎゃくしゅう)墓」とも言います。
寿陵の「寿」は、「じゅ」と読むと長寿・長命の意味でです。 また、「ことぶき」、「ことほぐ」と読むとめでたい祝い事を表します。中国では、古くから二つの意味をあわせて、「人がいのち長らえることは、この上なくめでたい」という意味を込めて使われてきました。
一方、「陵」は「みささぎ」「はか」と読み、皇帝のお墓を意味します。
この「寿」と「陵」が合わさった「寿陵」とは、長寿を願うめでたいお墓を意味します。
よく生前にお墓を建てたりすると「早死にする」、とか「縁起が悪い」とか言う人がいますが、実は、おめでたいことで、生前に自分の冥福を祈るというのは、仏教では大変功徳の高い善行とされています。
日本では、「日本書紀」や「聖徳太子伝歴」には、今からおよそ1400年前に、聖徳太子や蘇我入鹿が、生前に自分のお墓を建てた記録があります。
生前にお墓を建てる「寿陵」で、お墓を建てる方も増えてきています。
また現在では、自由墓地などの個性を生かしたお墓もあり、自分の理想のお墓を建てることが可能になりました。ぜひ、「寿陵」で自分の理想どおりのお墓を作ってみませんか? 永光墓園にぜひ、ご相談下さい。